2017/08/31

突然ですが、NYに行ってきます【準備編】

 自分用の記録も兼ねてNY日誌を書くぞ! 押忍!

■動機
 誰しもが憧れる街NY……って感じだけど、正直私はそこまでNYに対して夢を抱いていたわけではない。映画『THE BIG SHORT』を見るまでは。
2015年に日本で公開されて、何度も映画館に足を運び、原作本まで読み、サントラをDLし、個人輸入までしてBlu-rayを買い、日本語版Blu-rayも買い、もうNYに行きたくて仕方くなくなってしまった。
 今はウォール街から多くの銀行が撤退してしまっていることは知っているんだけども、あの牛を見ないと死ねない気持ちになってしまったのだ。
 でもきっかけ、というか決心がつかなくて、ちょっと気持ちが薄れてきたころに、今度は映画『メットガラ』を見た。

 これを見たときも「いつか行こう」と思って、メトロポリタン美術館について出来心で調べてみた。そしたら、なんと今年はあの川久保玲の展示が行われていた。
http://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2017/rei-kawakubo
 9月4日まで。これは行くっきゃない。ここでようやく決心が固まった。

■飛行機&ホテル
 ネットでいろいろ調べてたけど、いろいろありすぎて調べあるのがめんどくさくなり(よくある)、近所のJTBに行くことに。お姉さんに相談に乗っていただいた結果、
・成田出発の直行便、時間は選べない
・CとBランクの間ぐらいのホテル(お姉さんいわく「東横イン」レベル)
・空港に着いたら日本人添乗員が送迎してくれる(オプション)
 という条件で申し込みをした。しかし、1カ月前の予約&格安プラン(らしい)ということで、私はキャンセル待ちに回されることになった。
 待っているのがわりと苦手な私は、結局ネットでいろいろ調べ、ホテルと飛行機を自分で予約して行くことに決定。
・乗り継ぎありだけど16時間くらいで着く羽田出発
クソほどオシャレなホテル
・交通は全部自分で手配(空港からマンハッタンまで安いバスが出てる)
 この条件で、JTBで予約した金額とほぼ同じ。というか、むしろ滞在日数を1日増やしたので安くなった。
 ホテルを探す時は「Hotels Combined」で探した。多分どこのサイトよりも出てくるホテルの量が多い。ちょっと不安になる安宿みたいなのも出てくるから、とにかく費用を抑えたい時なんかは特に便利かと。

 ちなみに、自分で手配したあとに「キャンセルが出ました」と連絡があった。人生すべてはタイミングである。

■パスポート&カード
 高校時代に5年パスポートを作ったっきりだったので、当然有効期限が切れている。新しく10年パスポートを取得するために、新宿のパスポートセンターで申請。案外時間はかからず発行してもらえるし、受け取りだけなら日曜日にできる。
 申請も受け取りも窓口が空いてからすぐに行ったからか、ほぼ待つことなくスムーズにすべて完了した。なんか新しいパスポートには“ICチップ”なるものが入っていた。これでめでたく赤いパスポートをゲット。

 海外旅行で絶対必要なのが、クレジットカード。アメリカは特にカード社会らしく、ホテルでもチェックインのときに提示を求められる。カードを持ってるか否かが、むこうでは“信用”のものさしにもなるっつうことらしい。
 実はこれまで生きててカードを作ったことがなかった私は、この歳にしてついにクレジットカードを作った。便利だけど簡単に買い物ができるのはちょっと怖い。できれば使いたくない。

■ESTA
 アメリカに行く時に必要なのが、「ESTA」というビザ。パスポートの情報を入れる必要があるので、手元に準備できてから申請を行う。
 JTBに行った時に「アメリカに行く時はESTAが必要」だと初めて聞いて、「少しでも回答を間違えるとしばらく海外にいけなくなる」と脅された。いくらかお金を払うとJTBの人が代行して申請してくれると言っていたけど、実際やってみるとそこまでビビることでもなかった。
 なお、JTBみたいに「ESTAは大変だぞ!」と言って高い金払えば代行してくれるサイトが結構あるみたいだけど、正規で申請できるのはここだけ。ここで申請すれば14ドルで済む。

 ……と言っておきながら、私は28ドル払いました! ガハハ!!!
 出発前に余裕を持ってESTAの申請を済ませ、「72時間以内には結果を知らせるよ」みたいな表示が出たので、大人しく待ってた。で、約束の72時間後に「既存の申請内容を確認」ってとこから結果を見たら、なぜか「あんたのデータないよ」みたいな表示が出た。
 漏らしそうになりながら原因を調べたら、申請画面の入力に時間をかけすぎると結構な確率で弾かれるらしい。確かに、私が申請してたとき、途中で「あんたやたら時間かかってるけど、まだやんの?」みたいなポップアップが出てた。これが出たらもうダメだと思った方が良さそう。

 ESTAは簡単に言うと、パスポート情報(名前、パスポート番号、取得日、有効期限など)、現住所、宿泊する場所(ホテル名、住所など)、緊急連絡先の電話番号とメールアドレス、会社の名前と住所をすべて英語で記入するのと、「感染症にかかってない?」「犯罪者じゃない?」みたいな質問に「はい」「いいえ」で答えるって感じ。
 私のようにムダ金を払わなくても済むように、上記の項目をスラスラ入力できる準備をしてからESTAの申請にとりかかることをおすすめします。俺の屍を越えてゆけ。

 あ、ちなみに、「あんたのデータないよ」と表示された後にもう一度新規で申請して(するしかない)、最初やったときと同じように「72時間以内には結果を知らせるよ」っていう表示が出たんだけど、その後5分くらい経ってから確認してみたら、もう承認されてた。この時点で申請がおりない場合は、とりあえず24時間くらい待って、それでもダメだったら潔く再度申請したほうがいいと思う。14ドルのために飛行機代とかホテル代とかムダになるって可能性もあるからね……!

■持ち物
 4泊6日の旅なのだが、私はバックパックで行くことを最初から決めていた。乗り継ぎの関係でなるべく荷物を自分で持っていたかったのと、ロストバゲッジされる可能性がなきにしもあらずな航空会社だったってこと。でも1番は、あんなデカいスーツケースに入れて行くものがない……ってことで、実家に帰るが如く、バックパックでNYに行ってやることにしました。俺たちの森田剛はスーパーの袋で海外に行くんだから、これでも荷物が多い方でしょ。
 で、飛行機には機内に持ち込めるものと、スーツケースに入れて預けなければ持って行けないものがある。私は荷物のすべてを機内持ち込み仕様にしなければならなかったので随分と規制されるかとちょっとビビってた。でも実際には、「水分を含むものは20×20サイズの透明の袋に入れてくれよな!」ってくらいで、個人的には苦労しなかった。

 世の中便利なもんで、100円ショップ「Seria」にはこんなものが売ってる。

実際に入れてみるとこんな感じ。

さすがに、いつも使ってる化粧水・乳液はトラベル用の小さい容器に入れ替えたけど、それ以外はそのまま突っ込んでも余裕。20×20は結構入るってことを学習したのであった。
 で、行きはいいとしても問題は帰り。お土産等々買って荷物が増えることを考えると、持って行くものは現地でザカザカ減らしたい。ということで、下着は捨てられる古いものを持って行き、洋服も最低限&圧縮袋。歯ブラシとかアイマスクとか、そこまで容量を取らなそうなものも、とにかく“捨てられるもの”を持って行くことにした。

この小分け袋と水物袋はほぼ現地に捨てて帰ってくるつもりでございます。
 シャンプー・リンス・ボディーソープ、タオル、バスローブなんかは全部ホテルにあるので、私の場合もともと荷物には入りませんのであしからず。

 あとは、
・パスポートのコピー
・ESTAの証明書
・飛行機、ホテルの領収書
 を何枚か印刷して持って行くことにした。特にパスポートのコピーとESTAの証明書は必要かと。スマホがあればいいんだろうけど、やっぱ紙を持ち歩くのが安心する……。

 どこに行っても持ち歩くだろう各種充電器や、カメラなんかも持って行きます。あと、忘れちゃ行けないのがWi-fi。私はここでレンタルしました。空港で受け取る感じ。必要最低限必要なのはこんなもんか。あ、あとサングラス! 日差しが強いんだってさ!

 とりあえず、バタバタながらも準備はこんなもんか……。もし万が一なんか忘れてることがあったら教えて。まだもうちょい日本にいるから!

 いや〜それにしても大変。楽しみだけど大変! でもなによりも楽しみ! 帰ってきてから旅行中のことは記録していくので、更新がなかったら向こうに骨を埋めてきたと思ってください。
Powered by Blogger.