2017/07/17

【映画】原作かじった人向け実写化/銀魂


 70点


 大前提として、私はジャンプの中で「銀魂」しかまともに読んだことがないっていう感じの原作ファンでございます。今はもう追っかけてないけど。友達からなんとなく展開を聞いてる。もうそろそろ原作は終わっちゃうのかしら。

 自分はマンガ・アニメと実写化作品はまるっきり別モノと思ってるので、「原作が汚される!」みたいな過激派ではない。でも、銀魂が実写映画化すると聞いて、結構びっくりしたし、これは“ヤバイ案件”だと思った。ヤバイっていうのは、コケそうっていう意味ね。

 でも、結果的にとてもおもしろかったです。よかったよかった! でもでも、それは原作のノリを知ってたからおもしろかったってのが正直なところである。土地柄、ヤンキーチックな人がチラホラいるシネコンで見たんだけど、隣に座ってたメンズはエンドロール終わったあと「2時間寝てた」つってた。3人で来てたから、多分連れてこられたんだろう。

 原作と同じようにパロディも入れまくりだったし、役者の顔芸やセリフ回しも笑いどころ満載だった。見た目の再現度もそれなりに高かったし、原作リスペクトも感じられた。あんまり言うとネタバレになるけど、紅桜篇といえば、「かわいくねえ女」「バカな人」、そして「ラーメンこぼして捨てた」だからね。多分、あのシーン原作のコマ割りと同じカットだったんじゃないかな。

 あと、高杉にギャグさせなかったのもポイント高いっすね。まあもうこれは当たり前だけど。でもさ、わけわかんない改変入れる実写化ってよくあるじゃないっすか。それがなくても“福田臭”が出てたのはさすがだな~と思ったね。若干しつこいところもあったけどな!!!

 ただ、この辺のおもしろさが原作を知らない人にどのくらい伝わってんのかはナゾすぎる。そもそも設定というか、銀時・桂・高杉の関係性とか、万事屋のこととか、初見の人にあの程度の説明で感情移入するのは無理があると思うんだよね。ジャンプネタぶっこみまくってる時点で、ある程度原作知ってる人向けっていう風に割り切ってるのかもしれないけども。

 あと、銀魂ってギャグマンガではあるんだけど、結構説教臭いセリフが多い作品でもあるじゃないっすか。それを実写化でもやっちゃってたから、「う~ん、クサいな」みたいな、ちょっとしたサムさみたいなのも若干感じた。銀さんがもうちょっと堕落した大人であることが描かれてれば、ギャップがあってよかった気もするんだけど、そういうわけでもなかったし。ちゃんとした人に説教されるとウザいじゃん。ちょっとそうなりそうだったのは、銀魂らしくなかったな~。

 そして、これは言わねばと思うけど、剛が最高すぎる。かねてより“剛派”だった私だけど(もちろん2人とも好きだよ)、やっぱり剛は最高だわ!!!!! 彼の演技を見るのはいつぶりだかわからないくらい久々だったんだけど、こんなに高杉が似合うと思わなかった。あと、まさに“目の色が変わる”っていう瞬間があって、そこは非常にゾクゾクしました。剛ってめっちゃ演技派だったんだなと再確認。

 とはいえ、CGのちゃちさとかセットの安っぽさとかはもういつもの邦画クオリティって感じ。ギャグパートでは目をつぶれるけど、シリアスな場面ではやっぱちょっと頭抱えちゃうよね。定春はもうちょっとなんとかならんかったんかい。

 ちょっとでも原作をかじった人はとても楽しめるし、そうでない場合はあんまり期待しない方がいいかなっていうところですかね。よく言えば、万人が肩の力を抜いて見られる、大衆向けエンタメ映画ってところでしょうか。

 あ、酒井ちゃんの出番一瞬だったね!!!!!!!!!!


Powered by Blogger.